オナニー指示

オナニー指示をいろいろとしていると女の子の本質というか心の中で何を思っているのかを知ることができるので自分はやめられないプレイとしてどんどん楽しませてもらっています。

今回の出会い系で知り合った女の子は間違いなく最初会ったときはツンツンしているような人でしたので高飛車な印象だったんですが、いざ蓋を開けてみるとすぐにどがつくMだということが分かったんです。

こちらがいやらしいことをたくさんしているとどんどん濡れてくるのが分かりましたので、言葉責めをしてみたんですよ。

するとそれまで強気だった彼女が急に顔を赤らめて弱い感じになったんです。

これは間違いなく責められるのが好きなタイプだと思い、いろいろといやらしくオナニー指示をさせなもらいましたが、彼女はすぐに自分のいうことに従ってくれましたのでとても良い子でしたね。
オナ見せ

いやらしい気分になっているのかと聞くと最初は首を振って我慢しているのがとても可愛かったのですが、どんどんこちらが指示をしていくと最終的にはかなり声を出して気持ちいいですって言ったので本当に興奮しちゃいました。

完璧に彼女は自分のペースにハマってくれましたのでガンガン攻めるしかないと思い、いろんないやらしいプレイを指示しましたが、最終的にはこのオナニー指示を全て従ってかなり大きな声でヨガって感じてくれたので嬉しく思いました。

また攻めてほしいとプレイが終わったからしおらしく言ったので出会った時とのギャップが素晴らしくて最高に興奮しちゃいました。

彼女の中では今回のオナニー指示はこらまで彼女自身が体験したことのないような快感だったらしく、完璧にハマってくれたようでしたのでこちらとしても嬉しかったですね。
パパ募集掲示板
パトロンの作り方

愛人掲示板

愛人掲示板に書き込みをしようと思ってるんですが、どういう風に書けばいいんでしょうか。
一番効率的な書き方、アピールの仕方とか、作法ってあるんでしょうか。
私、ちょっと前まで愛人関係にあった人からお金もらってました。
その人とは、とあるパーティーで知り合って、それからそういう関係になっていってしまったんです。
私は当時、そういう愛人とかお妾さんなんて、特殊な女性がすることであって、私のような人間、普通の女がするようなことだとは思ってませんでした。
相手の方も、そう思ったんでしょうね。「普通のお嬢さんをこっちの世界に引きずり込んだ」というような負い目があったんだと思います。
それで、割と、後で知りましたら、相場よりも多くお手当いただいてました。
あまり世間も知りませんし、愛人を長いことしてましたので、社交も限られてます。
家族や親せきとも疎遠になってますし。
愛人募集
愛人に去られた後、結局、私にできることは、新しい愛人を探すことくらいなんですよね。
今まで頂戴してたお金も、貯金してありますけど、このお金でずっと暮らしていけるわけじゃないですし。
新しい愛人を作る以外、お金を稼ぐ方法って知らないんですよ。
愛人掲示板のようなところで、書き込みをしなければいけないという事態すら、私にとっては屈辱です。
すごく惨めですよ。
いっそのこと、まっとうな道に戻った方がいいのではないかと思うこともあるのですが、何をするにも遅すぎるような気がして。
愛人掲示板で相手が見つからなかったら、介護の資格をとった方がいいのかな、なんて思います。
パパ契約
愛人募集

お金くれるおじさん

「お金くれるおじさんが好き。」彼女はそう言って私のところから去りました。

結婚する前はキャバクラに行って一人暮らしということもあってお金も自由に使えていました。そして、そこで仲良くなった彼女にプレゼントやお金をあげたりしていましたが、結婚してからお金が自由に使えなくなり彼女に「お金くれるおじさんが好きだから、くれないおじさんとデートしたくない。」と、はっきり言われて私はその店に通うことを辞めました。妻を大切にしなさいという意味かと思いました。
パパ活 お金

それから3年後、会社に保険会社の女性が訪ねて来ました。その女性は私にお金くれるおじさんが好きと言ったあの彼女でした。私は彼女に話しかけました。「掛け持ちで働いているの。」「キャバは辞めたの。」「何故。」「妊娠したから。」「彼氏がいたのか。」「違う。あなたの後に知り合ったお金くれるおじさんの子。今そのおじさんは私が妊娠したと話したら連絡途絶えちゃってね。おろそうと思ってもお金がなく、おろすまでにまだ時間があるからそれまでにお金を貯めているの。」彼女の言葉が衝撃でした。よく見ると以前よりもやせ細り、顔色も悪い彼女。私は心配になり仕事が終わった後彼女に連絡を取りました。そして、これも何かの縁だと思い彼女に中絶費用を出してあげました。「もう、自分
を傷つけることはしないで、って私が言うなだよね。」「ありがとう。おじさん。」それからは彼女からちょくちょく連絡が来るようになりました。今度はお金目的ではなく、おじさんのことが好きになったと言われました。
お金くれるおじさん
お金くれる彼氏

愛人募集

「愛人募集している?」路上で座っている私に声をかけてくれた男性は私よりも30歳年上の男性でした。「愛人は募集してないよ。」私はにっこりと答えました。「残念。私は愛人募集なんだけど。」笑顔で話す男性。

モデルの試験に落ちて、家に帰っても1人。路上でボーとしていたらこの男性に声かけられ、なんだかんだと色々話していたら30分くらいの時間が経ちました。

「お腹空かない?」「空いたかも。」「じゃ、食べに行こう。」私は男性に恐怖心も感じなく彼について行きました。食事はデパートとの最上階レストラン。私には到底食べれない高い注文ばかりしてくれました。「叔父さんはどうしてあそこにいたの?」
デートだけでお金を稼ぐ
「愛人と別れてボーとしていた。」「振られたの?」「ふったの。私以外に愛人がいたからね。どう、私の愛人にならないか?」「なったらいいことあるの?」「お金には困らないよ。ただし、浮気はしちゃダメだよ。」「考えとく。」その日はLINEだけ交換をして男性からタクシー代を貰って帰宅しました。

次の日、男性からLINEがありました。「またあの路上にいるのかな?」「いません。でも、家でボーとしてる。」「また、食事行こう。」その男性のLINEはスタンプが付いて、とても今時みたいな感じでした。私は再び彼と会うことにしました。

会って食事するだけで他は何も求めてこない。たったこれだけの関係が3カ月続きました。私はだんだん彼と過ごすこと楽しさと安心間を感じていました。そして、「叔父さん、まだ愛人募集している?」「しているよ。」私は彼の愛人になりました。

愛人募集掲示板

パトロンの作り方

息子の結婚に不安が出てきてしまいました。
相手のお嬢さんが家に挨拶に見えたんですが、ちょっと感覚が違うな、というか、偏見ではないのですが、関西的な感覚のような気がしました。
何でもお金お金、という意識が透けて見えるような感じだったんです。
結婚とパトロンの作り方を混同してるんじゃないかしら・・・と、主人と話したんですか、主人はそのお嬢さんがベッピンさんだったからか、あんまり気にならない様子で。
その後、両家で食事会をしたのですが、相手のご両親もそういうお金の要求をダイレクトに言ってくる人たちだったんです。
結納金の話とか、支度金の話とか、結婚式や披露宴の費用のこと。
自分たちは一銭も出す気がないようでした。
お金をくれるパパ
ほんと、全部家で出す、なんて話になったら、相手からしたら、いいパトロンの作り方をしたもんだ、なんてほくほくされてるんじゃないでしょうか。
今さら、息子に結婚に反対だ、と伝える気はないのですが、結婚するならするで、自分たちでやってちょうだい、と突き離すべきかもしれないですよね。
相手がパトロンの作り方感覚で結婚するなら、こちらも疎遠にするとかして、防衛しないと、老後の資金まで丸裸にされそうで・・・。
主人だけでも目を覚ましてほしいんですけど、男というのはどうしても女の性根までは見抜けない生き物ですからね、私がしっかりしないといけないのですが。
今時のお嬢さんだから、結婚もパトロンの作り方もさして違いはないと思ってるのかもしれませんね。
別に関西出身の御家庭だからと言って、差別する気はないんですが、お付き合いしたいと思えるような人たちでないことは確かです。
お金が欲しい
お金くれる人