相互オナニー

私たち夫婦も時々相互オナニーしますよ。
コミュニケーションの一種という感じですねー。まぁ、夫婦で相互オナニーなんてあんまり一般的じゃないのかもしれないので、人には言いませんけど・笑
きっかけは、夫のEDでしたね。
私とセックスしようとすると、ダメになっちゃうんですって。
それで、私を愛撫しておしまいになってたんですけど、私としてはちゃんと夫が気持ちいいと感じてくれないと、なんか気持ち悪いじゃないですか。
聞きましたら、オナニーはできるって言うんです。
ただ、セックスするとなると、ふっと気を抜くとダメになっちゃうって。
だったら、オナニーでいいじゃないという提案をしました。
セックス自体が変なプレッシャーになってたのかもしれません。
Twitterで裏垢を作成してオナ見をしたい事をツイートする
精神的なものだと思いましたので、相互オナニーを提案することで、別の意味で夫婦がさらけ出しあうことができるのではないかと思いました。
夫は、「男たるもの、妻を満足させられないなんて」とショックを受けていましたけど、愛撫するだけで終わってしまう惨めな時間よりは、相互オナニーでお互い満足した方がいいという私の意見を尊重してくれました。
それからですね。最初はお互い上手くは行きませんでしたけど、二人で色々調べたり、チャレンジしたり。
相互オナニーを初めて三年目ですけど、今は、三回に一回は普通にセックスできますね。
持続力はないのですが、取り合えずセックスができるということが、夫に自信を回復させてくれたみたいです。
センズリを見せる
オナ見せ

パパ募集

確実に毎日が楽しくなっていけるようにするにはどうしたら良いんだろうと考えるようになりましたが、その一つの答えとして私が認識しているのは、とにかく余裕が出来るくらいにお金を持つと言うことです。

しっかりとしたお金があればあるほど間違いなく精神的には余裕が生まれますし、それでいて何かを買ったりすることでストレスとは完全に離れた状態で毎日が過ごせるんじゃないかとおもっているんですよね。

とにかくそういう気分をえるためにはどうやったら良いのだろうと考えてきましたが、ここ最近の中でも一番効率がよいと感じているのはパパ募集を出会い系で行ってパートナーを見つけることだと思っています。

しっかりとした人間ばかりではないので、出会い系にも利用するには注意点が合ったりはしますが、コツを掴むことでとにかく楽しくなれるようなポテンシャルが間違いなくありますので個人的にはとても良い環境で利用が出来ていると思っていますよ。
パトロンが欲しい

自分がこの人だという人と知り合う事ができたら今回の私のように、パパに会うだけで素晴らしい対応をしてもらえると思っていますし、とにかく楽しい時間を過ごしながらお金をたっぷりともらえることはとても幸せなことなんだと感じるのです。

ちなみに今回の私が出会う事ができたパパはとにかくお金をたくさん持っているベンチャー企業の社長さんでしたので、外車を乗り回していかにも贅沢をしていると言う感じの人でとても刺激的なタイプだと思っています。

会うたびにこちらに対してしっかりと気を配ってくれているのがよく分かりますので、一緒にいてもとにかく楽しく時間が過ごせます。

完璧な男性というのはこういう人の事を指すのだろうと思わず納得しますよ。
謝礼交際
エッチなしの援交