セフレが欲しい

 セフレが欲しいと考えるのは、なにも男の専売特許というわけではないのです。
女だって、セフレが欲しいと思うものなのです。
それを、実際に自分は実体験しました。

 自分、年齢は25歳。
中小企業で働くサラリーマンです。
出会い系で知り合った相手、36歳の子持ちの奥様。
愛莉さん(仮名)は、家庭内のセックスレスに業を煮やしていた状態だったようです。
「純粋に熱い関係を作れるセフレが欲しいって、ずっと思っていて」
赤裸々な気分を語ってくれた人。
とりわけ、10歳ぐらい上の女性が嫌いというわけでもなかったし、性的不満も強くあり、熟女と関係を持つのも悪くはないなっていう気持ちになりました。
なんて言ってもお互い、セフレが欲しい気持ちを持つ者同士なのですから。
大きな共通項目があるため、話は進みまくり。
ぶっちゃけ、美人とは言えないけれど、ブスでもなかったから良いかなという気持ちで、待ち合わせしてみたんです。
ネットでセフレを探す方法とは

 熟女らしい、ぜい肉の程よく付いた肉体でした。
実際に見ると愛莉さんは、見た目も悪くないなという印象。
チャーミングさがある。
それに、どこかフェロモンがある。
立ち話をしているとき、それに気が付いてムラムラ感が激しくなり、すぐホテルに移動することに。
相手もセフレが欲しいのですから、面倒な駆け引きがゼロでした。

 ムラムラしている熟女に、フル勃起のチンコを見せて、顔に近づけてやったんです。
そしたら、うっとりした表情で見つめた後、ぱくりとくわえ始めてくれました。
濃厚なフェラのスタート。
不満だったチンコが、ガチで反応を始めてしまった感じです。
熟女は敏感であるとよく言われていますが、それ本当でした。
滅茶苦茶、敏感に感じてしまうんです。
軽い愛撫で「っはぁぁぁ・・・あああん、はっはっはっ、あ~ん、あんあん」と、体をよじらせながら快楽を味わいまくっているのです。
程よくぜい肉の付いた、若干だらしない肉体に、ものすごくそそられちゃって、コンドームを装着して、挿入していきました。
挿入してからの反応も、壮絶そのもの。
何度も「逝くぅっ」と、絶頂を感じてくれるのですからね。
滅茶苦茶な興奮を伴ったピストン運動をやりまくってしまったのでした。

 はっきり言うと、熟女とのセックス最高だったんです。
「継続してセックスしない?」
申し込んだら、すごく素直に「はい」と、言ってくれました。
援交掲示板
セフレ掲示板

オナ電

オナ電相手の女に「レイプで訴える」って言われた時、きょとんとしちゃった。
どゆこと?何がどうなったら俺がレイプで訴えられるの?って。
よくよく話を聞いたら、オナ電で盛り上がっちゃったけど、そもそもで膣の中にまで入れたくなかった!って。
まぁ、確かに俺が、何か大人のおもちゃないの?って聞いたんだ。
それで、彼女が何も持ってないっていうから、即席で細めのスプレー缶とかない?って聞いたんだよね。
そしたら、彼女が香水か何かの瓶持ってきて、「こんなのならあるけど・・・」って見せてきたの。
だから、じゃ、それ、中に入れてみようか!って言っただけ。
彼女も「え・・・?」みたいな顔してたけど、オナ電だし、気持ちいい方がいいし、中に入れたほうが満足感高いんだろ。
「いいじゃん、中に入れちゃえ」って俺、強引に入れさせたの。
エロイプをした相手にセンズリ鑑賞をさせてオフパコに進展させてます
「ほらほら、中に入るじゃん。奥まで突いて見て?気持ちいいところに当たったら、そこを重点的に・・・」なんてね。
そんなことをした後になって「あんなことまでしたくなかった。レイプだ」って言われて。
えー。今さら?どうしろっていうの?
「膣の中が痛い気がする。病気になったら責任取れるのか」とか色々言われて、俺、さすがに凹んだわ。
「訴えるなら訴えれば?」ってそのまま通話切ったんだけどさ。
LINEとかでも持ち主特定できるんだよね?弁護士に頼めばそういうことも分かっちゃうんだよね?
本当に訴えられたらどうしようって。
冷静に考えればそんなの無理なんだけどさ。オナ電でレイプなんて、ちょっと「はい?」って感覚だもんな。
女性のオナニー
センズリ鑑賞

乳頭吸引器

娘が生まれる時に、私、乳頭吸引器を使ってたのね。
母乳あげる時とか、乳首出さなきゃいけなくて。
それで、母乳卒業した後は、その乳頭吸引器なんていらないから、どこかに捨てたか物置のどこかにしまったか・・・
もう娘も高校生だから、その乳頭吸引器の存在すら忘れていたわけ。
なんだけど、この間、娘の部屋でその乳頭吸引器を見つけてさぁ!
あれ?これって、私が使ってたやつ?って手に取ってみてみたら、違うの。まだ新しいの。
娘が自分で買ったやつだったみたい。
っていうか、高校生で乳頭吸引器って必要か?
胸とか遺伝しちゃったみたいで、うちの娘も陥没乳首なんだけど、私は別に今までそれで困ったことってなかったから、放置してるけど。
乳首舐めをして乳首開発をしてくれる2人のセフレと出会った経緯
娘はもしかしたら、そのせいで悩んでたのか?と思ったら、罪悪感というか、なんか娘に申し訳なくて。
それで、学校から帰って来た時に、乳頭吸引器のことを聞いてみたの・・・。
「ごめんね。お母さんも陥没乳首だから遺伝しちゃったんだね。こんなの自分で買うまで悩んでたなんて知らなかった」って謝ったの。
娘、なんかポカンって顔してた。
勝手に部屋の中に入ったことを怒ってるのかなって思ってワタワタ言い訳してたら、急に娘がぶーって笑いだしたの。
「なんだ、それ、乳頭吸引器って言うのか!」って。
「知らなかったの?」って聞いたら、「彼氏がこの間くれたんだけど、エッチの時に使うのかと思ってた!私の胸のこと気にしてくれてただけだったんだ!」って。
え?え?彼氏いるの?というか、エッチもしてるわけ?
お母さん、そういうこと全然知らなかったんだけど!
チクニー
外イキ

メス豚契約

大学生のときから出会い系を使ってパパ活をしていた私は、関係が長く続いていたパパとメス豚契約をしました。きっかけはパパにそろそろ体の関係を持たないか?と誘われたこと。今までは食事をするだけでお金をもらえていたので、それ以上の関係は少し面倒にも感じていました。そのことを正直にパパに伝えると、それならば月々定額でメス豚契約を結ぶのはどうかと提案されたのです。金額は私が希望する額を出すというので、しばらく時間をもらって考えてみることに。友達にもメス豚契約をしている子がいたので相談してみると、その子はパパ活の倍の額をもらっていると聞き、私も同じように今までの倍の額を提示してみました。
メス豚のように扱われる愛人になれたドMのOL27歳です。

パパは自由に使えるお金がいっぱいあるらしく、月に数回ホテルに行ってくれるのであれば私の提示額より多くお金を出すと言いました。私も正直それには驚きましたが、それなら悪くないと思いメス豚契約に同意したのです。メス豚契約をしてからは、今までの食事のデートの後にホテルへ行くようになりました。決して難しいことをお願いされるわけでもなく、ただ普通にパパとセックスするようになっただけ。でも毎月たくさんのお金がもらえるようになって、お得感はあります。

メス豚契約をしてからは少しデートの時間が長くなって、たまに泊まりになることもあります。泊まりになるとその都度お小遣いがもらえるので嫌ではありませんが、朝ももう一回セックスをするので少し疲れますね。多いときには夜に二回、朝に一回セックスをするので、私のほうがヘトヘト・・・男の人の方がやっぱりタフみたい。それでもセックスするだけなら簡単ですし、私は寝ているだけで男の人が満足してくれるなら最高ですね!
電話エッチ
テレセ